魅力たっぷりのアイススケート

日本はアイススケートのレベルが高い国として知られています。
冬季オリンピックや世界選手権などで日本人選手が上位入賞をしているほど、日本でのこの競技は裾野の広いものであり、多くの人や子供たちの憧れの的となっているのです。
クラシックの曲に合わせて銀盤の上で美しく舞う選手たちは妖精さながらの美しさで、多くの観客を魅了しますが、この競技は自分でもスポーツとして楽しめる魅力があるのです。
ウィンタースポーツは雪山などに行かないとできないものがありますが、このスポーツは首都圏などでもスケートリンクが身近にあればアクセスもよく通うことができます。
この気軽さが魅力と言えるでしょう。
また、スーッと滑っているようにも見えますが実はかなりの運動量で、足腰が鍛えられるというメリットがあります。
ツルツルとした氷の上でバランスをとって滑らなくてはいけないので、知らず知らずのうちにインナーマッスルが鍛えられて代謝の良い体つくりに役立てることもできるのです。
なんといっても氷上でスポーツをするという非日常性が特別な楽しさを感じさせてくれるのです。

競技をしようとすれば購入するスケート用品はさまざま必要になる

スケート靴には、スピード、ハーフ、フィギュア、ホッケーの4種類があります。
リンクで滑る分には、これらを履いて手袋をすれば良い訳です。
初心者は、ハーフを使用するのが滑るコツを掴むには一番適しています。
スピードは、リンクによっては使用禁止になっているところがあります。
フィギュアは、先端にギザギザがついており、上手な人はこれを使って止まったり回転するのですが、初心者はかえってこのギザギザでつんのめってしまうことがあります。
ホッケーは刃の部分が緩くカーブになっていて、立ったときに安定しません。
上手な人はこのカーブによって、急激なターンや激しい変化のある動きをすることが出来ますが、初心者は安定して滑るのが難しいです。
好みの問題なので、好きな種類を選んで、憧れの選手の滑りを目指すのも良いかもしれません。
スピードやフィギュア、ホッケーの競技をしようとすると、スケート用品は靴だけではなく、様々なものが必要となります。
スピードスケートをしようと思えば、専用のユニフォームが必要となってくるでしょう。
フィギュアもレオタードやスカート、タイツといったユニフォームが必要になります。
ホッケーでは、スティック、グローブ、プロテクターやユニフォームなどが必要になります。
最後に、競技をするにせよ、趣味で滑るにせよ、滑っていれば刃のエッジが丸くなって来て氷を掴むことが出来なくなりますので、定期的に刃をスポーツ用品店などの施設で研ぐことが必要になります。

Valuable information

ウェディングドレス レンタル 大阪

アクリルボックス

着物レンタル 東京

最終更新日:2016/7/6

スケート

Copyright © 氷上の戦士たち All Rights Reserved.